2012年11月23日

察疑 便宜十六策 第五


察疑 便宜十六策 第五

【原文】
察疑之政,謂察朱紫之色,別宮商之音。故紅紫亂朱色,淫聲疑正樂。亂生於遠,疑生於惑。物有異類,形有同色。白石如玉,愚者寶之;魚目似珠,愚者取之;狐貉似犬,愚者蓄之;栝蔞似瓜,愚者食之。故趙高指鹿為馬,秦王不以為疑;范蠡貢越美女,吳王不以為惑。計疑無定事,事疑無成功。故聖人不可以意說為明,必信夫卜,占其吉凶。《書》云:『三人占,必從二人之言。』而有大疑者,謀及庶人。故孔子云:『明君之治,不患人之不己知,患不知人也;不患外不知內,唯患內不知外;不患下不知上,唯患上不知下;不患賤不知貴,唯患貴不知賤。故士為知己者死,女為ス己者容,馬為策己者馳,神為通己者明。』故人君決獄行刑,患其不明。或無罪被辜,或有罪蒙恕,或強者專辭,或弱者侵怨,或直者被枉,或屈者不伸,或有信而見疑,或有忠而被害,此皆招天下逆氣,災暴之患,禍亂之變。惟明君治獄案例,問其情辭,若不慮不匿,不枉不弊,觀其往來,察其進退,聽其聲響,瞻其看視。開懼聲哀,來疾去遲,還顧吁嗟,此怨結之情不得伸也。下瞻盜視,見怯退還,喘息卻聽,沈吟腹計,語言失度,來遲去速,不敢反顧,此罪人欲自免也。孔子曰:『視其所以,觀其所由,察其所安,人焉瘦哉!人焉瘦哉!』

posted by navi2 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 便宜十六策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。